2019/06/15 バスコレクション新製品情報まとめ その他の更新情報
07/15:ザ:バスコレクション第27弾を追加
07/15:名古屋市交通局 市バス90周年 2台セットを追加
07/15:全国バスコレクション JB021-2 東京空港交通を追加
07/15:バスコレで行こう15 中鉄観光バスを追加
07/01:バスコレパーツ構成一覧表 更新/修正
06/23:バスコレ屋根上パーツ集 更新
06/23:バスコレ品番対照表 更新
06/10:バスコレマニアックスPart.2 更新

新製品情報や付帯コンテンツを除いた記事は25弾発売時に書いて以来、都合半年ほど空いてしまいました。ご無沙汰しておりますMr.Tです。一応しぶとく生きてはいるようです。

今日は先頃発売された26弾製品をざっと観察してみた簡単レポを書いてみます。全車を撮影したカタログ要素は省略~先ずはイメージ通りに出来ているか、次にパーツの作り分けはどうなっているのか? パーツの選択や再現すべき優先順位に妙な部分は無いか?~と言った形でのレビューになります。厳密に細かい寸法等の検証は出来ていませんのでそこはご容赦ください。間違いなどご指摘は遠慮なく。また適宜追記/修正を行う可能性もあります。

では本編へどうぞ……

==記事を展開する==


# by Blog-Author | 2019-06-29 01:10 | バスコレ製品関連 | Comments(6)
これから発売されるTHEバスコレクションの主に車両について、判明している発売情報をまとめておく場所です。 気付き次第なるべく早く更新を心掛けますが、多忙等により遅れる場合が御座いますので、速報についてはN-Gauge Information様を始めとした専門サイトや各公式サイト・SNS等をご活用ください。1/80スケールのバスコレ80シリーズは扱いません。 もしお気付きの点/最新情報等御座いましたらコメントにて一報下さると大変有難いです。

※一般流通品の発売日について、流通経路によってはメーカー発表の翌日になる場合があります。
※発表があった順に掲載している関係で発売日順には並んでいません。記事下部に並べ直したリストを掲載しています。


2018年最終版(2019/02/01最終更新/更新停止)
2017年最終版(2018/01/16最終更新/更新停止:旧ブログ内記事)
2016年最終版(2016/12/28最終更新/更新停止:旧ブログ内記事)
2015年最終版(2016/01/14最終更新/更新停止:旧ブログ内記事)
2014年最終版(2014/12/12最終更新/更新停止:旧ブログ内記事)



==展開する==


# by Blog-Author | 2019-02-01 11:09 | バスコレ製品関連 | Comments(43)

喪中と言う事もあって松の内が開けてからのご挨拶となってしまいました。先ずは旧年中に訪問下さった皆様・お世話になった皆様有難うございました。通常の年賀のご挨拶は控えさせて頂きますが、今年も趣味にプライベートに変わらぬお付き合いの程どうぞよろしくお願いいたします。

昨年末にはバスコレクション25弾も発売され、何より地元神奈川中央交通より限定第8弾の発売が予告されるなどバスコレ界隈では大きな話題がありました。私個人的には神奈中の方を先ず話題にしたいのですが、車種が発表されていないので少々ネタ不足~今日はバスコレの基幹製品=第25弾についてどんな具合に作り分けているかなどを中心に特徴を書きたいと思います。

今回のシークレットは画像左に映る横浜市交通局の0-3012号車~貸切登録の車です。地元の私からしても正直シークレットである事以外魅力はイマイチ(通常品=裏シクレの方が出て嬉しい) しいて言えば左側面の窓パーツ取りとしてだけちょっと欲しいかなと思う程度でしょうか。普段はシクレの選択がどうのこうの~には余り興味が無い私であっても、今回は開封した瞬間「ナニコレ」と感じてしまったのでした。 そして、開封を進めて行くうちに、、、「あららら」や「??」が散見されてテンションダウン。 新年ですし趣味ですからぱっと明るく肯定的に書きたい気持ちは満々だったのですが、結果的に苦言ばかりの少々お見苦しいレポになってしまいました。戯言多めですのでお気を悪くしてしまったら御免なさいです。

※ パーツ一覧表の各項目について更新当初一部誤りがありました。先ほど修正を完了しています。

==続きを見る==


# by Blog-Author | 2019-01-09 16:40 | バスコレ製品関連 | Comments(6)

今日は少し過去作の紹介をば。

茨城交通の路線車と言えばバスコレでは現在3種類製品化されていますが、内2種はアニメ「ガールズ&パンツァー」のラッピングバス。ガルパン自体はファン層も厚いので製品化自体はまぁ納得なのですが(自身も結構ハマってましたし^^;)、茨交ファンかつバスコレファンの方の多くは恐らくこう思ってるのではないでしょうか…「普通の車ももっと出してくれー」と。
全国バスコレのエルガがあるじゃん~なんて言われるかもしれませんが、水戸駅でバスを眺めててもエルガなんて殆ど来ません。少なくとも私の中では茨城交通といえばツーステ7Eのイメージが強く、これがないと話にならない訳です。

==続きを読む==


# by Blog-Author | 2018-12-30 12:30 | 工作系(かねよし) | Comments(4)

久し振りに新車完成~^^
藤沢神奈交バスのFK014号車のかつての姿~大きな「BUS」が印象的な今は無き神奈交バスオリジナルカラーを製作しました。先に同社エアロスターを製作した際に、折角スカイブルーのインレタ作るならエルガミオ用のも入れておくか…と軽く準備しておいたところに第21弾の発売。加工点も少なく気楽に始めたものですが、紆余曲折あって完成まで随分時間が経ってしまいました。

種車はバスコレ第21弾の頸城自動車。リアのナンバープレートの位置もそのままでOKとあって加工箇所はほんの僅かで製作可能です。ただ一見で判るように大きなロゴ等表記類が目立つ車ですので、表記なしで完成させるのは若干無理がある~デジタル工作の方に一手間掛かります。ロゴや車番・Kanachuは特注インレタ・行き先表示はステッカー・車椅子マークなどの付帯表記はデカールを使い分けました。

==続きを読む==


# by Blog-Author | 2018-12-07 17:22 | 工作系(Mr.T) | Comments(14)

唐突ですが3Dプリンター買いました。
実際は随分前~7月頭には届いてたりして…… いろいろ忙しくようやく開封することが出来ました。購入したのはANYCUBIC Photon。性能は勿論の事、情報共有の優位さからなるべくユーザーが多いもの、日進月歩に進化しそうな機械でもありますから最初から高額な機種は手を出し難い(勿論お財布の都合もね)と言う事でこれになった次第です。
~~と言うのはもっともらしい建前で、きっかけはtwitterで良さ気な成形物を見てそのまま海外の通販サイト(aliexpress)に行ってみたら思ったより安かったのでついぽちっとな^^; それ以前に、似た方式で成型したものを何度か業者に発注していた経験から、何となく出来栄えが想像出来た事も後押しとなったのでした。

購入価格は本体$367に送料が$42、ショップのクーポンや初めて利用クーポンやら適用で$12値引きが入って計$397(7月時点) 到着はとても早くてポチってから5日目の夕方に届きました。海外通販は不安だという向きにはAmazonでも5万円台半ば~6万円程度で購入出来そうです。※現在は通常¥64,999円で販売しているようですが、大抵の場合クーポン等が適用になるようです

で、「早速使ってみたぜー」~的な記事でも良いのですが、今日はその前に運用に必要な物や、オプション品の追加・設置場所の整備についてつらつら書いてみたいと思います。当たり前ですがプリンター本体を購入して来れば即使える訳ではないのですよね… 模型製作と同じく初めて導入する場合はそれなりに用具などを揃える必要があるのです。実は友人も同じ機種を購入した事もあり、そちらであれやこれやと試行錯誤した時に実際に必要になったりあったら便利そうなものを列挙しています。後半は家の事情とDIY大好きな私の拘りも少々^^;

※目安になるようあえて価格も記載しておきました。8%税込み表記です。

==つづきを見る==


# by Blog-Author | 2018-11-25 22:31 | 工作系(Mr.T) | Comments(1)


早いもので、新型エルガが登場してから既に3年も経っているのですね。
もはや珍しい存在でもなくなったLV/KV290系ですが、前々から作りたいと思っていたネタがあったので今回はそれに着手してみました。

今でこそ新型エルガで画像検索すると事業者カラーを纏った営業車ばかりがヒットしますが、モデルチェンジが公式発表される前はメーカー試験車と思われる新型エルガの目撃写真がSNS上に度々UPされていました。その殆どはボディーが白一色である以外特に特徴も無いのですが、中には何やら怪しい仕様の個体が居たのです。。。


=続きを見る=


# by Blog-Author | 2018-10-29 00:15 | 工作系(かねよし) | Comments(6)


About-Author
バス模型を中心に模型工作を愉しむブログです。一部コンテンツは前身サイト「Blog-TRM」を引き継ぎつつ2人態勢で綴る形に2018年に10月にリニューアル致しました。TRM内にある主だった記事は順次こちらに移動させる予定です。

「如何に弄った事を感じさせない模型≒疑似製品を作るか」が日々の研究課題。アナログ/デジタル工作何れも興味は尽きないが、その工程だけで楽しめてしまう故なかなか完成しない残念モデラー。 興味を持ったものは大体全部趣味にしてしまう浮気人間。どの趣味も基本的には手を抜かないのがモットー故に時間もお金も不足気味。でも楽しければ良いじゃない。人間だもの。
免責事項他
・極力正確な情報を提供出来るよう心がけておりますが、不完全な情報が含まれる事もあるかと思われます。
 掲載した情報を元にした事で生ずる如何なる不利益/損害等には管理人はその責を負いません。
 情報は閲覧者様の責任でご利用ください。
・掲載画像は筆者撮影の他撮影者様よりお借りしたものも御座います。無断での転載利用はご遠慮ください。
 オークション等商用サイトへの利用は写真と現物が別物となりトラブルの元になります。利用出来ません。
・ブログや各コンテンツへのリンクはご自由にどうぞ。恐れ入りますが相互リンクは受け付けておりません。
・TRMフォントについては著作権は保持しておりますが、商用/非商用問わず連絡不要にてご使用ください。
 ただし、フォントそのものの改変や再頒布はご遠慮ください。
・連絡先 info-mrtあっとoffice.email.ne.jp へどうぞ。
検索
補助コンテンツ
都営バス画像倉庫
MP218短尺化加工
神奈中MP駄画像
自転車ラックバス製作支援
トップ | ログイン
skin : SYMPLE ONELINE 3
by Mr.T 2018


Copyright(C) 2018- Mr.T・かねよし All rights reserved.